トップ > 可燃性ガス検知器

可燃性ガス検知器

全3件

校正FAX用紙DL

可燃性ガス検知器とは

可燃性ガスとは、空気中や酸素中で燃えるガスのことです。 代表的なガスとして、LPG、ガソリン、水素、重油、メタン、プロパン、イソブタンなどがあります。 検知器は1台で通常2~7種類くらいまでの可燃性ガスを含むガスを同時測定・同時表示するタイプや点火源に誘引される爆発や火災を防止する「防爆構造」を備えた検知器もあります。可燃性ガスを使用する現場では作業員の安全確保のため、作業開始前や地震時などの測定が労働者安全衛生規則により定められています。可燃性ガス検知器の選定は測定するガスの種類と用途、使用する場所を考慮して選定してください。可燃性ガス検知器を使用する場所としては、可燃性ガスの製造、備蓄、輸送、消費現場、地下作業での可燃性ガス漏洩確認などです。測定器-レンタル.comではあらゆる可燃性ガスに対応した検知方式の異なる検知器を揃えています。

可燃性ガス検知器利用シーン

ガス貯蔵施設

ガス貯蔵施設

可燃性ガス使用現場

可燃性ガス使用現場

地下工事

地下工事

わからないことなんでもお聞きください お客様からよくある質問

A   [防爆構造]とは何ですか。

(文章作成中)

A  可燃性ガス警報器の濃度表示で『%LEL』と『VOL%』との関係を教えて下さい。

(文章作成中)

ページトップへ