トップ > ストロボスコープ

ストロボスコープ

全4件

  • 【DT-2259】ストロボスコープ

    【DT-2259】ストロボスコープ

    46,200円〜

    • DT-2259

    • ■5〜99,999RPM
    • ■オレンジLED
    • ■100〜99,999FPM
    • ■Max.Min値表示機能
    • ●非接触タコメータ(回転計)とストロボスコープの機能が1台に凝縮
    • ●歯車、ファン、モータ、ポンプなどの回転測定に

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【DT-2239A】ストロボスコープ

    【DT-2239A】ストロボスコープ

    38,940円〜

    • DT-2239A

    • ■測定範囲100〜10,000FPM
    • ■Lo:Hi2レンジ切替え
    • ■0.1FPM
      (1,000FPM/RPM以下)
    • ■1FPM/RPM
      (1,000〜9,999FPM/RPM)
    • ■10FPM/RPM
      (10,000FPM/RPM以上)

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【DT-2269】ストロボスコープ

    【DT-2269】ストロボスコープ

    48,510円〜

    • DT-2269

    • ■5〜12,500FPM
    • ■データ記録10セット
    • ■FPM・RPM・Hz表示
    • ■RS-232C出力端子付
    • ●高精度型ストロボ装置
    • ●カスタムワインチップLSI搭載で、ワイドなダイナミックレンジ

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【DT-2199】LEDストロボスコープ

    【DT-2199】LEDストロボスコープ

    67,650円〜

    • DT-2199

    • ■測定範囲100〜99,999FPM
    • ■コードレスタイプ
    • ■LEDランプ方式
    • ●高輝度LEDライトを搭載
    • ●コードレスで楽々、乾電池駆動
    • ●高速回転対応99,999FPM

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
校正FAX用紙DL

ストロボコープとは

ストロボスコープとは一定の間隔で強い光を点滅させる装置のことです。使用用途は4分類でき1)高速で回転するものの回転数を計測する、2)高速で運動するものの状態を可視化する、3)カメラのフラッシュとして使用する、4)ビデオカメラのストロボスコープとして使用するなどです。 ストロボスコープの選択は、対象物の大きさや使用される現場環境などにより、光量・閃光時間・繰り返し発光数などを考慮し機種を選定します。測定器-レンタル.comでは、歯車・ファン・モーター・扇風機・ポンプなどの回転速度を計測するためのストロボスコープを取り揃えています。

ストロボコープ利用シーン

ギアの回転

ギアの回転

高速運動体の観察

高速運動体の観察

ビデオのストロボ

ビデオのストロボ

わからないことなんでもお聞きください お客様からよくある質問

A  ストロボスコープ選び方について教えてください

使用目的により、1 .回転数の計測、2. 状態の目視観察、3 .写真の撮影、4 FA・画像検査用光源、それぞれに適したストロボコープがあります。測定器-レンタル.comでは1の回転数の計測用ストロボコープが主体です。
また対象物の大きさ、使用される現場環境等も考慮し最適な機種を選択する必要があります。

A  回転数の調べ方について教えてください

例えば扇風機の回転数を調べる場合、ストロボスコープの高い発光回数から徐々に低い発光回数におとしていくとストロボスコープの発光回数と羽根の回転速度が一致する点があり、扇風機の羽根が枚数どおりに止まって見えます。そこがそのモータの回転数です。

  • マークが反時計回りに見える場合はフラッシュレートが実際のスピードより速いので、調整用ダイヤルでフラッシュを減らし、回転する場所のシール或いはマークが停止したように見える同期した状態に設定します。
  • マークが時計回りに見える場合はフラッシュレートが実際のスピードより遅いので、調整用ダイヤルでフラッシュを増やし、回転する場所のシール或いはマークが停止したように見える同期した状態に設定します。
  • 測定の際はまず粗調整用ダイヤルで回転速度の近くに合わせ、微調整用ダイヤルで同期する状態に調整します。
    例えば回転数が1792RPMの場合は、低いフラッシュレート1500FPMから徐々にフラッシュを増やし、同期するように調整してください。
  • マークが二重に見える場合は実際の回転速度の二倍のフラッシュレートとなっているので、フラッシュを減らし、マークが一つに見えるように調整してください。

ページトップへ