トップ > 熱中症チェッカー > 【FUSO-8778】熱中症チェッカー<JIS B 7922準拠(クラス2)>

【FUSO-8778】熱中症チェッカー<JIS B 7922準拠(クラス2)>

  • ■WBGT値
  • ■気温、相対湿度、黒球温度
  • ■オート(20分)/マニュアルパワーオフ機能
  • ■WBGT値アラーム設定機能
  • ■ローバッテリー表示機能
  • ●WBGT値(熱中症指数)の把握で熱中症対策を!
  • ●φ75mmの黒球を使用し、安定した測定が可能
  • ●ボタン3つで扱いやすく、キー操作が簡単です
  • ●小型で軽量タイプのハンディー型測定器
商品コード : FUSO-8778
価格 : 円(税抜)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
購入・レンタル

選択
購入
1週間レンタル(準備中)売り切れ
10日間レンタル(準備中)売り切れ

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

仕様

センサー 温度:半導体センサ、湿度:静電容量型
測定範囲 WBGT:0〜+50℃
気温:+20〜+50℃
黒球温度:20〜+60℃
相対湿度:30〜90%RH(at15〜40℃)
表示分解能 温度:0.1℃、湿度:0.1%RH
本体精度 気温(TA):±1.2℃、黒球屋内温度(IN) ±1.2℃
黒球屋外温度(OUT) ±1.2℃、相対湿度 ±3%rdg
機能 WBGT値アラーム設定、オート(20分)
マニュアルパワーオフ、ローバッテリー表示
電源 単4アルカリ電池×2本 /約1000時間(アラーム未使用時)
サイズ/質量 278L×75W×75Dmm 約140g
使用環境 0〜+50℃ 80RH以下
標準付属品 単4アルカリ電池×2、取扱説明書(保証書)

〈使用方法〉

  1. 〇藩兒には気温・湿度センサカバーを下げる
  2. 屋外で日射がある場合は「OUT」、屋内か日射のない場合は「IN」に設定
  3. 三脚などで地表から1.2〜1.5の高さで周囲に壁面がない状態で使用する
  4. す球は太陽に向ける
  5. ゲ鯵阿任了藩僂砲榔、砂埃に注意

※上記はあくまで推奨される測定方法です。
測定器を持ち胸の高さで測定することも可能です。

《労働作業時の目安》

作業の強さ 許容温度条件WBGT
RMR〜1(極軽作業) 32.5℃
RMR〜2(軽作業) 30.5℃
RMR〜3(中等度作業) 29.0℃
RMR〜4(中等度作業) 27.5℃
RMR〜5(重作業) 26.5℃

※許容濃度等の勧告(2017年度)日本産業衛生学会誌59巻より

《スポーツ時の目安》

WBGT 熱中症予防のための運動指針
31℃以上 運動中止 特別の場合以外は中止する。
28℃以上 厳重警戒 激運動、持久走などは避ける。積極的に水分補給、休息をとる。体力のない者、暑さになれていない者は中止。
25℃以上 警  戒 積極的に水分補給、休息をとる。激しい運動では30分おきぐらいに休息。
21℃以上 注  意 死亡事故が発生する可能性あり。熱中症の兆候に注意し運動の合間に積極的に水分補給。
21℃未満 ほぼ安全 熱中症の危険は小さいが適宜水分補給を行なう。市民マラソンなどではこの条件でも要注意。

※日本体育協会1994より

《日常生活における熱中症予防指針》

WBGT 注意すべき生活活動の目安 注意事項
31℃以上 危  険 すべての生活活動でおこる危険性 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
28℃以上 厳重警戒 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
25℃以上 警  戒 中等度以上の生活活動でおこる危険性 運動や激しい作業をする際は定期的に十分に休息を取り入れる。
25℃未満 注  意 強い生活活動でおこる危険性 一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

※日本生気象学会(2008年4月)より

  • 測定の前にセンサ保護カバーを下にスライドし、センサを露出させてください。 測定後はカバーを上にスライドさせ、センサを保護してください。

  • 市販のカメラ三脚に取付可能

ページトップへ